sangomanのシカゴ郊外生活

2016年に初渡米!アメリカの文化、生活お役立ち情報などなどお伝えします!

アメリカのベッドで最低限必要なものと英語名

こちらの方はベッドの装飾にとてもこだわるようで、まるでホテルのベッドのよう。おしゃれな布がかかっていたり、枕がいくつも置いてあったり。

引っ越して早速寝具が必要なのでお店に行きましたが、種類が多すぎて、何を買ったらいいかわかりませんでした。布団セットらしきものを買ったら、枕がたくさんとわけのわからない布がいくつも付いてきて困ったという方もいらっしゃいました。

でもうちはおしゃれな布や枕はいらないし、ベッドメイキングとかわからないし、洗濯も大変!最低限でいい!ということで、私が思うベッドに最低限必要なものとその英語名です。

f:id:sangoman:20170722083752j:plain

①mattress:
マットレス。ベッドのサイズに合わせたものを選ぶ必要があります。私はシカゴの日通ショールーム(帰国する日本人の方が置いて行った家具を安く買えるところ)でベッドフレームとセットで買いました。

②sheet:
マットレスに被せるシーツです。うちはfitted sheetというゴムがついているものを使っています。ゴムだとマットレスにつける時簡単です。ベッドのサイズに合わせたシーツを選びます。ikea、amazonで買えます。

③comforter:
日本でいう掛け布団のこと。こちらは冬でも部屋の中は暖かいので、分厚くて暖かい布団はあまり売っていないです。amazonで口コミが良かったものを買いました。ベッドのサイズに合わせたものを選びます。

④pillow:
枕。ikeaで買いました。

最低限必要なのは上記4点かなと思います。

 

以下プラスで買ったもの。

かけ布団や枕を丸ごと洗うのは大変なので、布団カバー、枕カバーのセットをセールの時にMacy'sで買いました。

・comforter cover/duvet cover(掛け布団カバー)

・pillow case/sham(枕カバー)

布団と枕のカバーは柄が合ってた方がきれいに見えます。このカバーも布団や枕本体のサイズを見て、合うものを選びます。カバーがベッドや部屋全体の雰囲気を変えるので、これは慎重に選んでもいいかもしれません。

ベッドのサイズは例えば同じクイーンでも日本とアメリカは違うので、日本からベッドを持って行く場合は布団やシーツのサイズ選びに気を付けてください。

主観が入っていますが、サイズの目安です↓↓
twin:子供1人 or 細身の大人1人(←たぶん狭い)
full:大きな子供1人 or 大人1人 or 細身の大人2人(←たぶん狭い)
queen:大人2人で余裕あり
king:大人2人でものすごく余裕あり

アメリカの部屋は広い場合が多いので、1人だったらfull以上、2人だったらqueen以上かな~と個人的には思います!

 

おしゃれな方には不要な記事ですが、私みたいにシンプルが一番と思っている方はぜひ参考にしてください。