読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sangomanのシカゴ郊外生活

2016年に初渡米!アメリカの文化、生活お役立ち情報などなどお伝えします!

シカゴボタニックガーデンでお花見

週末はずっと行きたかったシカゴボタニックガーデンへ。


スーパーでお昼のパンやハムを買い、11時半ごろ到着。

入場料は無料だけれども、駐車場代$25が必要で、料金所の近くにいる係員の人に現金でお支払い。カード支払いの車は列ができていたので、現金を持っててよかった。

駐車場はすでに埋まっていて、空きを探すのが大変でした。「天気が良くて気温が上がったので、花でも見にいくか」って発想は万国共通みたい。

入口のレストランは激混み。入口の女子トイレも激混み。でもトイレは公園内に他にも複数個所あるので安心です。

客層は小さいお子さんを連れたファミリーが多い。

公園内でお昼を食べている人はあまりいませんでしたが、飲食は禁止ではないようです。シートを敷くかベンチに座るなどして食べることができます。

 

盆栽展があるというので見に行った。こっちの人がbonsaiを発音すると、バンザイにしか聞こえない。oはaのように発音するので、ポケモン(pokemon)もパキモンになってしまう。

その盆栽がこちら。葉がわっさわさ。しかも半端ない大きさ。これはメープルリーフらしい。

f:id:sangoman:20170516074928j:plain

。。。なんか違う。これはこれで迫力満点でいいけれども。。日本の美的感覚は輸入が難しいようだ。


さて、噂に聞いていたJapanese Gardenへ。ここが公園内で一番混んでいた。たぶん京都に行ったアメリカ人が色々な庭を見て、良いところを集めて作ったんだろうな~という感じの庭園でした。つつじがきれいに咲いていました。

f:id:sangoman:20170516075122j:plainf:id:sangoman:20170516075053j:plain


。。。でもやっぱり日本の庭とはどこか違う。

隣のアメリカ人「日本に行かなくてもここで見られるわね。」
いや、日本に行った方がいいよ。

14時ごろ庭園を出ようとしたら、入口に車の長蛇の列ができていました。午前中に来て正解だったようです。

お花がきれいな今のシーズンは混んでいるけれども、日本の混み具合に比べたらましで、十分楽しむことができました。