sangomanのシカゴ郊外生活

2016年に初渡米!アメリカの文化、生活お役立ち情報などなどお伝えします!

シカゴでの家探し①

今日はシカゴで私が実際にどのように家を探したか、お伝えします。

私たちは渡米したばかりのころはダウンタウンに住み、その間にZillowという住宅検索サイトで物件を探し、ダウンタウン、郊外両方の物件を見て回りました。

見学する時にはIDを求められたので、アメリカの運転免許証やパスポートを持参した方が良いです。

最終的には日本人がよく住む郊外に落ち着きました。

 

うちは夫婦2人だけで大きい家はいらなかったので、マンション(apartment)に絞りました。家選びで考慮したのは以下の項目。

①立地について
・安全な地域か
⇒アメリカ在住日本人向けのサイトなどで、地域別の犯罪率を調査。昼と夜歩いてみて確認すると安心です。

・職場に近いか、職場までの道は渋滞しないか
シカゴは90号という郊外とダウンタウンを結ぶ高速道路が朝晩、上り下り共に渋滞します。ダウンタウンに住んで郊外に働きに出る方も結構いるみたいで、上り下り共に渋滞するんだそう。

・徒歩圏内に駅、スーパー、図書館や教会などのESLクラスはあるか
⇒車が家族の人数分ないので。

・近くで日本食が手に入りそうか
⇒韓国系食材店Hmartや日本食材店Mitsuwa等が有名。調味料や米、豆腐ならアメリカのスーパーでも扱っていることが多いです。

②物件について
・築年数
⇒築70年ぐらいの物件がざらにあり、しかも安くなかったりもする。古くても改装されていれば問題ないかもしれまんせが、私たちは避けました。

・駐車場代、光熱費、水道代、ゴミ処理代、インターネット接続等が家賃に含まれるか
⇒家賃安い!と思ったら、実はこれらが含まれていない場合があるのでチェックした方がいいです。光熱費も冬や夏は結構高いみたい。

・駐車場はついているか、屋根付きまたは屋内か
シカゴの場合、屋外だと冬、駐車場に行くのが大変、車に雪が積り、フロントガラスが凍る。

・洗濯機は部屋付きか
⇒こちらでは部屋に洗濯機がなく、マンションの共用洗濯機しかない物件が結構あるんです。検索条件をIn-Unit Laundry (部屋に洗濯機がある)に絞りました。

・バスタブがあるか
⇒シャワールームだけの物件も結構あります。でも日本人なのでお風呂につかりたい。

・家具、家電付きか
⇒大体の物件は家電付きでしたが、ついていない場合調達する必要があります。家具は付いていない物件が多かったです。初日から絶対必要なベッドの調達は速攻考えなければいけないです。家具は日通ショールーム(帰国する日本人の方が置いて行った家具を安く買えるところ)でお得に調達。絶対おすすめ。

・マンションの管理はしっかりしてる?トラブルにすぐ対応してくれる?
⇒アメリカではトラブルはつきものなので。トイレのトラブル×2回経験しました。

・口コミはどうか
Apartment Ratingsという口コミサイト等で調べました。アパートメントの名前さえわかれば、google検索すると勝手に複数口コミが出てきます。


★その他
・こちらはベッドルームが2つ以上の物件だと、お風呂トイレが2組以上ある物件が多かったです。1つでいいからもっと安くしてよ~と思いましたが、しょうがないです。
・学校に通うお子さんがいる場合は、校区や習い事の場所が最重要条件になってくるみたいです。教育の良し悪しはだいたい地域の家賃相場に比例するみたい。
・シカゴの場合冬が寒くて、運動不足になりがちです。ジムや屋内プールがついているマンションもあるので、1つ条件に加えてもいいかもしれません。私はあるのに全く使っていませんがw

・家賃相場は、ダウンタウンは1ベッドルームで、日本円で約20万円はする。ダウンタウンの1ベッドルームの値段≧駅近郊外の2ベッドルームの値段。(←イメージです)

以上を考慮し、条件を満たした物件をピックアップして、実際に見に行って最終的に郊外の物件に決めました。

こちらは安全安心をお金で買います。物件があまりにも安いと思ったら、危険な地域だったとか、防犯がちゃんとしてなかったとか、訳ありだったとか。。
私たちは周りに日本人がいるいないにこだわらなかったんですが、結局以上の条件を考慮すると、日本人が多く住んでいる地域、物件にたどり着きました。忙しくて家を探す時間がない方は、もし現地に日本人の知り合いがいれば、その方やお友達が住んでいる物件を候補にするのもありだと思います。

私たちはマンションに絞りましたが、せっかくだからアメリカンな広ーい家に住むっていうのもいいかもしれません!たぶん場所を選ばなければ駅近郊外マンションと同じぐらいの値段で借りられます。

家探しに万が一失敗しても、こちらは敷金礼金みたいなのが高くないので、体力的時間的に大変ではありますが、お金のダメージは比較的少なく引っ越しできるらしいです。

参考にしてください♪ 

シカゴでの家探し②はダウンタウンと郊外に住んでみた感想を書きます。