読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sangomanのシカゴ郊外生活

2016年に初渡米!アメリカの文化、生活お役立ち情報などなどお伝えします!

シカゴ交響楽団とYo-Yo-Ma

週末、シカゴ交響楽団(The Chicago Symphony Orchestra)のコンサートに行きました。シカゴ交響楽団は世界的に有名なオーケストラの一つ。今回はなんと、Yo-Yo-Ma(ヨーヨーマ)という世界的チェリストが出演する!と聞き、早速チケットを取りました。

シカゴ美術館目の前の、Chicago Symphoney Centerへ。3階、真ん中付近の席でした。ホールは傾斜がすごく急なので、前の人の頭に邪魔されることはありません。

年齢層は休日だったせいもあるのか、若い人も結構いました。お客さんの服装は結婚式みたいに正装している方も稀にいましたが、わりとカジュアル。ちなみに写真や動画を撮ることは禁止でした。

「一番前に座っているバイオリンを持っている人がYo-Yo-Maかな?」

「あれってバイオリンだよね?なんでYo-Yo-Maがバイオリン弾くんだろう?」

とひそひそ。

20:00に音合わせが始まり、指揮者のSalonenが出てきて、曲が始まった。オーケストラに詳しくない私が感想を言うのもなんだが、どの楽器の音を拾って聞いても、音色がすばらしい。1人1人が本物のプロだなと思った。

2曲目で指揮者の前に小さなステージができ、Yo-Yo-Maが登場!

!!!

そこで初めてさっきのバイオリン奏者が見た目がそっくりな別人だったことが発覚。事前に曲目と出演者をちゃんとチェックしておけばよかった。。

 

Yo-Yo-Maは中国人の音楽家の両親のもとに生まれた、中国系アメリカン人。パリで生まれ、幼少期にアメリカに移住。小さいころから音楽の天才的な才能を見せた。ジュリアード音楽院で音楽を学び、さらにハーバード大学で人類学等を学んだ。チェリストとして世界で活躍されている。

 

Yo-Yo-Maのチェロの音色は言葉で説明できないぐらい。前のめりになって聞いてしまった。人を魅了するとはこのことか!演奏が終わった後も、舞台上を駆け回って、挨拶をしていた。おちゃめな方なようだ。

22:00にすべての曲目が終了した。uberで帰ろうと思ったら、uberは1時間待ち。シカゴで夜イベントがあると電車の本数もないし、帰るのが面倒なんだよな~でも運良く(?)事故で遅延していた電車に乗ることができた。

次回はもう少しオーケストラの勉強をしてから観に行こう。