読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sangomanのシカゴ郊外生活

2016年に初渡米!アメリカの文化、生活お役立ち情報などなどお伝えします!

アメリカのバレンタインって何するの?

その他生活・文化

クリスマスが終わると、バレンタイン。

お店にはカードやバレンタイン用のギフトが売られています。スーパーには(グロテスクな)ピンクのケーキや、(可愛くない)キャラクターの絵が描いたケーキがずらり。

アメリカでは男性も女性も自分の大切な人に贈り物をする。贈るものはチョコ、お花、ジュエリー等様々。そしてカードを添えるのが一般的らしい。

ちなみにホワイトデーなるものはアメリカにはありません。
ホワイトデーはアジア圏の一部の国の風習みたい。

 

バレンタインの始まりには諸説あるらしいんですが、一説を紹介します。

はるか昔ローマ帝国では2月14日を女神ユノの祝日としていました。

翌日15日からは豊穣、安産を祈願するお祭りが始まる。祭りの前日には女性が自分の名前を書いた紙を壺に入れ、祭り当日に男性が紙をひき、当たった女性と一緒に祭りを過ごしました。動物を生贄にし、血の付いた皮で女性を叩くと、安産になると言われていたそうです(!!)

時のローマ皇帝は兵士の士気が下がるとし、男女の結婚を禁止。St.Valentineはそんな男女に対してこっそり結婚式を行った。しかしそれがローマ皇帝に見つかり、投獄されてしまいます。St.Valentineは獄中で看守の娘と恋に落ち、その娘に送ったカードがバレンタインカードの始まりと言われているそうです。

St.Valentineは2月14日に処刑され、その日がSt Valentine's Dayになったのでした。


子供たちは学校でカードを書くらしい。昔は自分の好きな子にだけカードを書くシステムだったけれども、カードをもらえない子がいてかわいそうなので、最近は全員が全員に書くという、いかにも現代風なシステム。
先生が回収してそれぞれの子供に渡すようです。子供も先生も大変ですね。

 

さて、我が家の場合は、
「バレンタインデーは男女が贈り物をしあうんだよ。
そしてホワイトデーは男性が女性に贈り物をするんだよ」
と言ってみた。

 

結果が楽しみだ。