読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sangomanのシカゴ郊外生活

2016年に初渡米!アメリカの文化、生活お役立ち情報などなどお伝えします!

シカゴでの防寒対策

生活お役立ち情報

今日は防寒対策について
ついに最低気温が-20℃を下回りました。

どんなものか体感してみたかったので、車を降りて少し歩いてみました。

こんな感じで人はほとんどいません。

f:id:sangoman:20161220010126j:plain


私の服装です↓↓

・コート
 ⇒近所でEddie Bauerのダウンを現地で購入。ひざ丈で、手首の部分がピタっと密着します。

・マフラー+ネックウォーマー
 ⇒-10℃下回ったらネックウォーマーで目より下を覆って外気を直接吸わないようにしています。吸うと肺炎になるらしいので。

・帽子
 ⇒耳も隠します。

・スノーブーツ
 ⇒歩道は凍っている部分があるので、滑りにくい靴が良いです。こちらは雪を溶かすために道に塩をまくので、靴の底は真っ白になります。大切な靴は履かない方が良いです。

・手袋
 ⇒5本指タイプよりミトンタイプの方が中で指が動かせて暖かい気がします。

とにかく全身を暖かい密着するもので覆うことが大事。露出部分は目のみです!

 

1km10分ほど歩く場合、体感的にはこんな感じです。

-10℃以上⇒目より下は覆わなくてもまあまあ大丈夫。スカートでもいけるけど、足が少しピリピリ。
-10~-15℃⇒目より下を覆った方が楽。スカートでもいけるけど、足がピリピリ。
-15~-20℃⇒目より下を覆うべき。タイツの上にズボンをはけば足もピリピリしない。

 

-20℃でも、完全防備をして短時間であれば、意外と大丈夫。
逆に防備が1つでも欠けていると、危険だと思います。あと車があるならば移動は間違いなく、車ですべきです。


最近の(感覚が麻痺した)夫婦の会話:
今日-15℃だけど、晴れてるから外出できそうだね。
今日-5℃??あったかーい!お出かけしよ♪

 

犬の散歩をしている人は大変そう。どんなに寒くても犬は外に出たがる。
道には塩がまかれているので、わんちゃんの手足に負担がかからないよう、お散歩前に手足にワセリンを塗ったりするんだとか。

 

外は寒くても、家の中やお店の中はむしろ日本よりも暖かいです。
アメリカ人みたいに半袖短パンとまではいきませんが、
普通の冬服で過ごるし、夜も布団一枚で寝られるぐらいです。
分厚くて暖かい布団はあまり売っていません。

こちらでは全館暖房が当たり前(furnaceって呼ぶそうです)で、私の家も部屋にエアコンやストーブはありません。
部屋にあるダイヤルで温度を調整します。

暖炉がある家もあるそうで、スーパーには薪が売っています。
でも最近は薪を使わない電気やガスの暖炉が多いようです。

シカゴの冬も乗り切れる気がしてきました♪